こんにちは、知恵っ子です。
38
今回は、「サプリメントで副作用を起こさない」という点にフォーカスしてお話します。

副作用のないサプリメントの選び方とは、どんなものでしょうか。
現在、サプリメントの種類は膨大なものになります。数あるサプリメント商品の中でも、値段の高いサプリメントの場合は、試しに購入することもできないので、なかなか判断することができませんよね。
 
 サプリメントの販売会社も、サプリメントの利点は強調しますが、欠点はあまり大きい声で言おうとはしません。サプリメントを選ぶ時に、試供品をしばらく摂取してみるという見極め方もあります。どんなサプリメントか知るためには、しばらく飲んでみるに越したことはありません。しかし、少量使ってみただけで、お腹がゆるくなったり、皮膚に湿疹ができたという場合は体に合わないサプリメントの証拠です。

dd

 どんな添加物が使われているか、という点もチェックしたいポイントです。例えば、添加剤としてアセチルサリチル酸が配合されているサプリメントは、人によっては、ぜんそく発作の引き金になったりします。またサプリメントの成分に問題がなくても、錠剤タイプのサプリメントは固めるために使用されている化学物質があります。カプセルのサプリメントには、ゼラチンなどが使われています。一つ一つのサプリメントに使われている量は少なくとも、継続して使っているうちに体内に蓄積され、副作用の原因になる場合もあります。

 新商品の中には、十分なデータが蓄積されていないままに商品化され、副作用にも不明点が残っていることもあります。実際のところ、サプリメントは食品扱いで売られているので、副作用の調査が不十分なものもあります。また、継続して一つのサプリメントを摂取していた場合、体の影響がわからないまま気が付いたら年数が経っていたなんてこともあり得ます。

健康や美容のために使っているはずのサプリメントで副作用を被ることがないように、サプリメント選びにはじっくりと考える必要があります。

それでは。

37