こんにちは、知恵っ子です。
38
今回は、気になるサプリメント情報のリスクについてです。

 自分が使うサプリメントを決めるためには、サプリメントについての情報収集が大切です。しかし、一般的に情報といっても、その判断にもリスクが伴います。例えば、サプリメントの容器には、原材料や、正しい使い方など、利用する人にとって必要な情報を掲載することになっています。

 ただ、容器に書かれている情報を、いちいち疑っていたら選びようがありませんよね。それは、ラベルには本当のことが書かれているという共通認識を消費者は持っているからなんです。万が一、事実とラベル表記が違っていても、チェックすることはできません。事実が明るみに出るのは、困ったことにサプリメントの副作用などが表沙汰になってからです。

 サプリメントのパッケージは適切な内容であることが当然ですが、時折、信憑性に欠ける情報が掲載されています。これらを解消するためには、口コミ情報サイトや、商品の解説などを調べることで、不適切な誇大表示などに対して適正な判断が下せるようになります。

G6BZUDmg

 サプリメントの原料が安全であるとはいっても、不純物、つまり添加物摂取というリスクがあります。保存性を増すためにはある程度の添加物が必要ですが、可能であれば添加物が配合されていないサプリメントが良いのは当然です。多くのサプリメントは、保存性を高めるためだけでなく、きれいな色をつけるためや、香りをつけるために添加物を用いています。

 日本サプリメント評議会では、不要な添加物が使われてなく、内容表記に間違いがないサプリメントを選び、専用のマークをつけます。安心して使えるサプリメントを探すために、これからは評価サプリメントのマークを見極めましょう。
とにかく、正確な情報に基づいてサプリメントを選ぶことが、サプリメント選択の鍵を握っています。

では

37