注意点

サプリメントで副作用を起こさないためにはこの点に注意する!

こんにちは、知恵っ子です。
38
今回は、「サプリメントで副作用を起こさない」という点にフォーカスしてお話します。

副作用のないサプリメントの選び方とは、どんなものでしょうか。
現在、サプリメントの種類は膨大なものになります。数あるサプリメント商品の中でも、値段の高いサプリメントの場合は、試しに購入することもできないので、なかなか判断することができませんよね。
 
 サプリメントの販売会社も、サプリメントの利点は強調しますが、欠点はあまり大きい声で言おうとはしません。サプリメントを選ぶ時に、試供品をしばらく摂取してみるという見極め方もあります。どんなサプリメントか知るためには、しばらく飲んでみるに越したことはありません。しかし、少量使ってみただけで、お腹がゆるくなったり、皮膚に湿疹ができたという場合は体に合わないサプリメントの証拠です。

dd

 どんな添加物が使われているか、という点もチェックしたいポイントです。例えば、添加剤としてアセチルサリチル酸が配合されているサプリメントは、人によっては、ぜんそく発作の引き金になったりします。またサプリメントの成分に問題がなくても、錠剤タイプのサプリメントは固めるために使用されている化学物質があります。カプセルのサプリメントには、ゼラチンなどが使われています。一つ一つのサプリメントに使われている量は少なくとも、継続して使っているうちに体内に蓄積され、副作用の原因になる場合もあります。

 新商品の中には、十分なデータが蓄積されていないままに商品化され、副作用にも不明点が残っていることもあります。実際のところ、サプリメントは食品扱いで売られているので、副作用の調査が不十分なものもあります。また、継続して一つのサプリメントを摂取していた場合、体の影響がわからないまま気が付いたら年数が経っていたなんてこともあり得ます。

健康や美容のために使っているはずのサプリメントで副作用を被ることがないように、サプリメント選びにはじっくりと考える必要があります。

それでは。

37

ビタミンとサプリメントの注意点をサクッと覚えちゃいましょう!

こんにちは、知恵っ子です。
38

 今回は、ビタミンとサプリメントの注意点について簡潔にお話ししますね。

 さて、サプリメントでビタミンなどを補給する時に、心がけたいこととは一体どんなことだと思いますか?

サプリメントを飲用する時には、正しい量を摂取することが大事なことは言うまでもありません。しかし、サプリメントはまとめて多く摂取したほうが、効果が高くなると考えている人も少なからずいます。しかし、この考えはお薦めできません。

 ビタミンなどの成分は、大量にとったほうが体に良いと考えることは大変危険なことです。なぜなら、早く効果を求めるあまり、指定されている量以上を毎日飲んでいたために、過剰摂取による弊害が出たという報告もあるからです。

 当然のことですが、サプリメントには取扱説明書に1日にどのくらい飲めばいいかが明記されています。必ず、説明どおりの飲み方をして、間違っても一度にたくさん飲み過ぎることがないように注意をしてください。ただし、ビタミンCは大量に飲んでも、余剰分は体外に排出されるので、仮に誤って多量に摂取しても、トラブルにはなりにくいようです(良いということではありません)

G6BZUDmg
 ビタミンC以外の成分の場合は、飲み過ぎが原因で、肝機能に負担がかかるなど、問題が発生することがあります。正しい用法を厳守しなければ、大変なことになることも否定できないので充分気をつけましょう。

 その他の注意点として、サプリメントの中には、品質に問題があるような商品が混ざっていることもあります。口コミ情報や、広告の内容に反して、質の悪い品物だったというケースも多々あるようです。また、誇大広告によってあれもこれもとサプリの種類を増し、健康や美容のために沢山のサプリメントを使う人も後を絶ちません。

 サプリメントの中には、宣伝と中身が乖離していて、ビタミンがごくわずかでほとんどが添加物という商品もあります。納得のいくサプリメントを選ぶためには、まず、選んだサプリメントとビタミンの知識やその関係を深めておくことです。

このブログではそんな知識もどんどん公開していきますので楽しみにしていてくださいね。

では

37
【BE-HADA ホワイト】
機能性表示食品 肌キサンチン
アーカイブ
管理人
知恵っ子(ハンドルネーム)
mail:info★health-beauty.life(★を@に変更)
【Gonta企画】